業績

(2020年以降)


査読論文

<2024年>

Nakamura N, Jo T, Arai Y, et al.

Utilizing red blood cell distribution width (RDW) as a reliable biomarker to predict treatment effects after chimeric antigen receptor T-cell therapy

Clin Exp Med. 2024 in press


Kurosawa S, Arai Y, et al.

Center effect on allogeneic hematopoietic stem cell transplantation outcomes for B-cell acute lymphoblastic leukemia.

Cytotherapy. 2024 in press


Jo T, Ueda T, Akahoshi Y, Kondo T, Uchida N, Tanaka M, Nakamae H, Doki N, Ota S, Sawa M, Ohigashi H, Maruyama Y, Takayama N, Nishida T, Hiramoto N, Katayama Y, Kanda Y, Ichinohe T, Atsuta Y, Arai Y.

First complete remission favors haploidentical hematopoietic stem cell transplantation with post-transplant cyclophosphamide over cord blood transplantation in acute lymphoblastic leukemia.

Br J Haematol. 2024 in press

プレスリリースはこちら


Shibata S, Arai Y, Kondo T, Mizuno S, Yamasaki S, Akasaka T, Doki N, Ota S, Maruyama Y, Matsuoka KI, Nagafuji K, Eto T, Tanaka T, Ohigashi H, Nakamae H, Onizuka M, Fukuda T, Atsuta Y, Yanada M.

Prognostic factors in haploidentical transplantation with posttransplant cyclophosphamide for acute myeloid leukemia.

Cytotherapy. 2024 in press


Nakamura N, Jo T, Arai Y, Kitawaki T, Nishikori M, Mizumoto C, Kanda J, Yamashita K, Nagao M, Takaori-Kondo A.

Clinical impact of CRS on prolonged hematotoxicity after CAR-T cell therapy: KyoTox a-score, a novel prediction model.

Transplant Cell Ther. 2024;30:404-14.

プレスリリースはこちら


Ikeguchi R, Aoyama T, Noguchi T, Ushimaru M, Amino Y, Nakakura A, Matsuyama N, Yoshida S, Nagai-Tanima M, Matsui K, Arai Y, Torii Y, Miyazaki Y, Akieda S, Matsuda S.

Peripheral nerve regeneration following scaffold-free conduit transplant of autologous dermal fibroblasts: a non-randomised safety and feasibility trial.

Commun Med. 2024;4:12.

プレスリリースはこちら


Jo T, Arai Y, Kitawaki T, Nakamura N, Nishikori M, Mizumoto C, Kanda J, Yamashita K, Nagao M, Takaori-Kondo A.

KyoTox-e score; prediction of post-CAR-T prolonged thrombocytopenia using peripheral blood data before apheresis.

Bone Marrow Transplant. 2024;59:419-21.


<2023年>

Jo T, Arai Y, Kitawaki T, Nishikori M, Mizumoto C, Kanda J, Yamashita K, Nagao M, Takaori-Kondo A.

Risk analysis of fluctuating hypercalcemia after leukapheresis in cellular therapy.

Sci Rep. 2023;13:14952.

プレスリリースはこちら


Shibata S, Arai Y, Kondo T, Mizuno S, Harada K, Miyakoshi S, Uchida N, Maruyama Y, Eto T, Katsuoka Y, Matsue K, Nishiwaki K, Takada S, Doki N, Itoh M, Nagafuji K, Kawakita T, Tanaka J, Fukuda T, Atsuta Y, Yanada M.

Advantages of Higher Busulfan Dose Intensity in Fludarabine-Combined Conditioning for Patients with Acute Myeloid Leukemia Undergoing Cord Blood Transplantation.

Transplant Cell Ther. 2023;29:332.e1-11.


Akahoshi Y, Nakasone H, Takenaka K, Yamasaki S, Nakamura M, Doki N, Tanaka M, Ozawa Y, Uchida N, Ara T, Nakamae H, Ota S, Onizuka M, Yano S, Tanaka J, Fukuda T, Kanda Y, Atsuta Y, Kako S, Yanada M, Arai Y.

CMV reactivation after allogeneic HCT is associated with a reduced risk of relapse in acute lymphoblastic leukemia.

Blood Adv. 2023;7:2699-708.


城友泰、平安山知子、富澤大輔、吉原哲、加畑馨、藤原実名美、奥山美樹、柴徳生、藤井敬子、梅澤佳央、山﨑理絵、武田航、葉名尻良、福島健太郎、三村尚也、池本純子、岩木啓太、米谷昇、藤原慎一郎、李政樹、長村登紀子、田野﨑隆二、新井康之

急性リンパ性白血病に対するtisagenlecleucel製造結果—日本輸血・細胞治療学会CAR-T療法タスクフォースによる研究—

臨床血液. 2023;64:331-7.


Jo T, Yoshihara S, Okuyama Y, Fujii K, Henzan T, Kahata K, Yamazaki R, Takeda W, Umezawa Y, Fukushima K, Ashida T, Yamada-Fujiwara M, Hanajiri R, Yonetani N, Tada Y, Shimura Y, Nishikii H, Shiba N, Mimura N, Ando J, Sato T, Nakashima Y, Ikemoto J, Iwaki K, Fujiwara SI, Ri M, Nagamura-Inoue T, Tanosaki R, Arai Y.

Risk factors for CAR-T cell manufacturing failure among DLBCL patients: A nationwide survey in Japan.

Br J Haematol. 2023;202:256-66.

プレスリリースはこちら


Jo T, Arai Y, Oshima S, Kondo T, Harada K, Uchida N, Doki N, Fukuda T, Tanaka M, Ozawa Y, Kuriyama T, Ikegame K, Katayama Y, Ota S, Ara T, Kawakita T, Onizuka M, Ichinohe T, Atsuta Y, Yanada M.

Prognostic impact of complex and/or monosomal karyotypes in post-transplant poor cytogenetic AML: a quantitative approach.

Br J Haematol. 2023:202:356-68.


Jo T, Arai Y, Kanda J, Kondo T, Ikegame K, Uchida N, Doki N, Fukuda T, Ozawa Y, Tanaka M, Ara T, Kuriyama T, Katayama Y, Kawakita T, Kanda Y, Onizuka M, Ichinohe T, Atsuta Y, Terakura S.

A convolutional neural network-based model that predicts acute graft-versus-host disease after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.

Commun Medi. 2023;3:67.

プレスリリースはこちら


Wada F, Arai Y, Jo T, Mizumoto C, Kanda J, Kitawaki T, Nishikori M, Yamashita K, Takaori-Kondo A.

Impact of Antimicrobial Drug-Drug Interactions on Acute Kidney Injury after Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation.

Transplant Cell Ther. 2023;29:634.e1-7.


Nakamura N, Arai Y, Kitawaki T, Jo T, Mizumoto C, Kanda J, Nishikori M, Yamashita K, Takaori-Kondo A.

Decreased serum phosphate levels are a useful biomarker to predict occurrence and severity of cytokine release syndrome in chimeric antigen receptor T-cell therapy.

Br J Haematol. 2023;200:e1-3.

プレスリリースはこちら


Jo T, Arai Y, Hatanaka K, Ishii H, Ono A, Matsuyama N, Mori J, Koh Y, Azuma F, Kimura T.

Adverse effect of donor-specific anti-HLA antibodies directed at HLA-DP/-DQ on engraftment in cord blood transplantation.

Cytotherapy. 2023;25:407-14.


<2022年>

Ishii A, Jo T, Arai Y, Oshima S, Kanda J, Kitawaki T, Matsui K, Niwa N, Nakagawa Y, Takaori-Kondo A, Nagao M

Development of a quantitative prediction model for peripheral blood stem cell collection yield in the plerixafor era.

Cytotherapy. 2022;24:49-58.


Iemura T, Arai Y, Kitawaki T, Kanda J, Kondo T, Ueda Y, Mori T, Imada K, Yonezawa A, Yago K, Anzai N, Kotani S, Nohgawa M, Kitano T, Itoh M, Arima N, Moriguchi T, Watanabe M, Tsuji M, Yamashita K, Takaori-Kondo A

Coexistence of HLA and KIR ligand mismatches as a risk factor for viral infection early after cord blood transplantation.

Bone Marrow Transplant. 2022;57:781-9.


Harada K, Morita-Fujita M, Fukuda T, Ozawa Y, Doki N, Toyosaki M, Maruyama Y, Kanda Y, Ashida T, Eto T, Takada S, Uchida N, Ichinohe T, Kanda J, Onizuka M, Atsuta Y, Kako S, Arai Y.

Overcoming minimal residual disease using intensified conditioning with medium-dose etoposide, cyclophosphamide and total body irradiation in allogeneic stem cell transplantation for Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia in adults.

Cytotherapy. 2022;24:954-61.


Jo T, Yoshihara S, Hada A, Arai Y, Kitawaki T, Ikemoto J, Onomoto H, Sugiyama H, Yoshihara K, Obi N, Matsui K, Niwa N, Nakagawa Y, Kanda J, Kondo T, Saida S, Kato I, Hiramatsu H, Adachi S, Takita J, Takaori-Kondo A, Nagao M.

A clinically applicable prediction model to improve T-cell collection in CAR-T cell therapy.

Transplant Cell Ther. 2022;28:365.e1-7.

プレスリリースはこちら


Arai Y, Chi S, Minami Y, Yanada M. 

FLT3-targeted treatment for acute myeloid leukemia.

Int J Hematol. 2022;116:351-63.


城友泰、岡田和也、小尾夏野、秦明日香、 諫田淳也、近藤忠一、髙折晃史、足立壯一、上田恭典、長尾美紀新井康之

健常ドナーからの末梢血幹細胞採取における収量予測因子の同定

日本輸血細胞治療学会誌 2022;68;479-85.


Yamasaki-Morita M, Arai Y, Ishihara T, Onishi T, Shimo H, Nakanishi K, Nishiyama Y, Jo T, Hiramatsu H, Mitsuyoshi T, Mizumoto C, Kanda J, Nishikori M, Kitawaki T, Nogami K, Takaori-Kondo A, Nagao M, Adachi S.

Relative hypercoagulation induced by suppressed fibrinolysis after tisagenlecleucel infusion in malignant lymphoma.

Blood Adv. 2022;6:4216-23.

プレスリリースはこちら


Jo T, Arai Y, Kondo T, Mizuno S, Hirabayashi S, Inamoto Y, Doki N, Fukuda T, Ozawa Y, Katayama Y, Kanda Y, Fukushima K, Matsuoka KI, Takada S, Sawa M, Ashida T, Onizuka M, Ichinohe T, Atsuta Y, Kanda J, Yanada M.

Advantages of peripheral-blood stem cells from unrelated donors versus bone marrow transplants on outcomes of adult AML patients.

Cytotherapy. 2022;24:1013-25.


Morita-Fujita M, Arai Y, Kondo T, Harada K, Uchida N, Toya T, Ozawa Y, Fukuda T, Ota S, Onizuka M, Kanda Y, Maruyama Y, Takada S, Kawakita T, Ara T, Ichinohe T, Kimura T, Atsuta Y, Kako S.

Adult patients with Ph+ ALL benefit from conditioning regimen of medium-dose VP16 plus CY/TBI.

Hematol Oncol. 2022;40:1041-55.


Nishiwaki S, Akahoshi Y, Morita-Fujita M, Shimizu H, Uchida N, Ozawa Y, Fukuda T, Tanaka M, Ikegame K, Ota S, Katayama Y, Takahashi S, Kawakita T, Ara T, Onizuka M, Kimura T, Tanaka J, Atsuta Y, Arai Y.

Improvements in allogeneic hematopoietic cell transplantation outcomes for adults with ALL over the past 3 decades.

Blood Adv. 2022;6:4558-69.


Hamada R, Asano T, Murao M, Miyasaka J, Matsushita M, Kajimoto T, Otagaki A, Nankaku M, Arai Y, Kanda J, Kondo T, Takaori-Kondo A, Ikeguchi R, Matsuda S.

Intramuscular Adipose Tissue Content Predicts Patient Outcomes after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation.

Transplant Cell Ther. 2022;28:602.e1-7.

プレスリリースはこちら


Wada F, Jo T, Arai Y, Kitawaki T, Mizumoto C, Kanda J, Nishikori M, Yamashita K, Nagao M, Takaori-Kondo A.

T-cell counts in peripheral blood at leukapheresis predict responses to subsequent CAR-T cell therapy.

Sci Rep. 2022;12:18696.

プレスリリースはこちら


<2021年>

城友泰、吉原哲、新井康之、池本純子、小野本仁美、杉山寛貴、吉原享子、松井恵子丹羽紀実中川陽子、北脇年雄、諫田淳也、髙折晃史長尾美紀

CD19 CAR-T細胞療法における白血球アフェレーシスの経験:国内最多2施設による共同研究

臨床血液. 2021;62:163-169.


Hamada R, Arai Y, Kondo T, Harada K, Murao M, Miyasaka J, Yoshida M, Yonezawa H, Nankaku M, Ouchi S, Kitakubo W, Wadayama T, Kanda J, Takaori-Kondo A, Ikeguchi R, Matsuda S.

Higher exercise tolerance early after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation is the predictive marker for higher probability of later social reintegration.
Sci Rep. 2021;11:7190

プレスリリースはこちら


Nakamura M, Arai Y, Hirabayashi S, Kondo T, Doki N, Uchida N, Fukuda T, Ozawa Y, Tanaka M, Sawa M, Katayama Y, Kanda Y, Shiratori S, Nakamae H, Yoshioka S, Onizuka M, Ichinohe T, Atsuta Y, Kako S.

Residual disease is a strong prognostic marker in patients with acute lymphoblastic leukaemia with chemotherapy refractory or relapsed disease prior to allogeneic stem cell transplantation.

Br J Haematol. 2021;194:403-413.  


<2020年>

松井宏行、新井康之

造血幹細胞移植後TMA

日本血栓止血学会誌. 2020;31(1);61-65.

 

Matsui H, Arai Y, Imoto H, Mitsuyoshi T, Tamura N, Kondo T, Kanda J, Ishikawa T, Imada K, Ueda Y, Toda Y, Anzai N, Yago K, Nohgawa M, Yonezawa A, Tsunemine H, Itoh M, Yamamoto K, Tsuji M, Moriguchi T, Takaori-Kondo A

Risk factors and appropriate therapeutic strategies for thrombotic microangiopathy after allogeneic HSCT

Blood Adv. 2020;13:3169-79.

プレスリリースはこちら

 

Jo T, Nishikori M, Kogure Y, Arima H, Sasaki K, Sasaki Y, Nakagawa T, Iwai F, Momose S, Shiraishi A, Kiyonari H, Kagaya N, Onuki T, Shin-Ya K, Yoshida M, Kataoka K, Ogawa S, Iwai K, Takaori-Kondo A

LUBAC accelerates B-cell lymphomagenesis by conferring resistance to genotoxic stress on B cells.

Blood. 2020;136:684-697.

プレスリリースはこちら

 

Iemura T, Arai Y, Kanda J, Kitawaki T, Hishizawa M, Kondo T, Yamashita K, Takaori-Kondo A

Impact of HLA class I allele-level mismatch on viral infection within 100 days after cord blood transplantation

Sci Rep. 2020;10:21150.

 

Morita-Fujita M, Arai Y, Yoshioka S, Ishikawa T, Kanda J, Kondo T, Akasaka T, Ueda Y, Imada K, Moriguchi T, Yago K, Kitano T, Yonezawa A, Nohgawa M, Takaori-Kondo A

Indication and benefit of upfront hematopoietic stem cell transplantation for T-cell lymphoblastic lymphoma in the era of ALL-type induction therapies

Sci Rep. 2020;10:21418.


学会発表

<2024年>

松井恵子、松尾詩織、中川陽子、丹羽紀実、城友泰、新井康之、滝田順子、長尾美紀

細胞培養加工施設における微生物迅速試験のピットフォール~過去の経験から~

第23回日本再生医療学会総会(新潟)2024年3月23日


新井康之

シンポジウム40:日本輸血細胞治療学会合同シンポジウム「再生医療認定施設制度の役割」:病院内における細胞療法開発支援と運用最適化

第23回日本再生医療学会総会(新潟)2024年3月23日


松尾詩織、松井恵子、中川陽子、丹羽紀実、城友泰、新井康之、滝田順子、長尾美紀

地下設営細胞培養加工施設における飛翔性昆虫侵入の動向とその対策

第23回日本再生医療学会総会(新潟)2024年3月22日


城友泰、上田智朗、岩﨑惇、赤星佑、西脇聡史、土岐典子、西田徹也、内田直之、伊藤歩、田中正嗣、高田覚、河北敏郎、太田秀一、片山雄太、神田善伸、福田隆浩、田渕健、熱田由子、新井康之

因果推論を用いた成人ALLに対する強化型移植前処置効果の検討

第46回日本造血・免疫細胞療法学会総会(東京)2024年3月23日


城友泰

ランチョンセミナー24:造血細胞移植医療の効率的な向上を目指して

第46回日本造血・免疫細胞療法学会総会(東京)2024年3月23日


新井康之

スイーツセミナー1:日本での臨床成績とキムリアの運用から考えるCAR-T細胞療法「プレリュード~チーム医療が拓くCAR-Tの未来」

第46回日本造血・免疫細胞療法学会総会(東京)2024年3月22日


新井康之

ワークショップ1:SOS/TA-TMA「TA-TMAの病態に基づいた臨床戦略~リアルワールドデータの解析と新規治験との融合」

第46回日本造血・免疫細胞療法学会総会(東京)2024年3月22日


<2023年>

Tomoyasu Jo, Tomoaki Ueda, Yu Akahoshi, Tadakazu Kondo, Naoyuki Uchida, Masatsugu Tanaka, Hirohisa Nakamae, Noriko Doki, Shuichi Ota, Masashi Sawa, Hiroyuki Ohigashi, Yumiko Maruyama, Nobuyuki Takayama, Tetsuya Nishida, Yoshinobu Kanda, Tatsuo Ichinohe, Yoshiko Atsuta, Yasuyuki Arai

CR1 favors PTCy-haplo over UCB in allogeneic stem cell transplantation for adult patients with ALL

65th ASH annual meeting and exposition(米国)2023年12月9日


加藤陽乃、菱田理恵、岩本美紀、濱野京子、丹羽紀実、西山有紀子、城友泰、新井康之、長尾美紀

ABO血液型マイナーミスマッチ臓器移植後にドナーリンパ球による抗体産生が認められた一例

第67回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(京都)2023年11月18日【優秀演題賞】


岩本美紀、丹羽紀実、菱田理恵、濱野京子、加藤陽乃、西山有紀子、城友泰、新井康之、長尾美紀

HLA抗体およびHPA-15b抗体による血小板輸血不応となった小児の1症例

第67回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(京都)2023年11月18日【優秀演題賞】


新井康之

共催セミナー3:「細胞療法運用学の誕生:イエスカルタ経験からの着想」

第67回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(京都)2023年11月18日


新井康之

共催セミナー10「多職種で取り組むCAR-T療法 ~院内での変革と今後の展望」細胞療法運用学の進化:よちよち歩きから疾走へ

第67回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(京都)2023年11月18日


濱野京子

ドナー由来の抗HLA抗体が検出された症例

第25回宝ヶ池セミナー(京都)2023年10月28日


新井康之

シンポジウム2「細胞療法と臨床検査」:CAR-T細胞療法の来し方行く末~「細胞療法運用学」の確立に向けて、臨床検査に期待される役割

第30回日本輸血・細胞治療学会秋季シンポジウム(長崎)2023年10月27日


城友泰、新井康之、吉原哲、武田航、池本純子、岩本啓太、米谷昇、藤原慎一郎、李政樹、加畑馨、長村登紀子、藤原実名美、田野崎隆二

CAR-T細胞製造失敗のリスク因子の解析

第85回日本血液学会学術集会(東京)2023年10月15日


城友泰、新井康之、北脇年雄、錦織桃子、水本智咲、諫田淳也、山下浩平、長尾美紀、髙折晃史

アフェレーシス前末梢血データはCAR-T細胞輸注後の血球減少を予測する

第85回日本血液学会学術集会(東京)2023年10月13日


新井康之

特別シンポジウム7「変革する臨床試験」細胞療法における臨床試験の課題と展望~「細胞療法運用学」の見地から

第82回日本癌学会学術集会(横浜)2023年9月23日


新井康之

「大会長特別企画3」遺伝子治療、再生医療ー臨床現場からの声−:CAR-T 細胞療法の光と影~現場での期待と疲弊

第29回日本遺伝子細胞治療学会学術集会(大阪)2023年9月13日


新井康之

「副会長企画シンポジウム」CAR-Tのトリセツ~「細胞療法運用学」の観点から見た来し方行く末

第29回日本遺伝子細胞治療学会学術集会(大阪)2023年9月12日


濱野京子

ワークショップ「臨床における HLA 関連検査の有用性」:臨床におけるHLA検査の有用性-造血幹細胞移植関連病院の立場から-

第22回日本組織適合性学会近畿地方会(大阪)2023年7月1日


新井康之

共催シンポジウム2「CAR-T細胞療法の現状(日欧)と今後の血液がん以外の細胞療法の展望」:「細胞療法運用学」の見地から考えるCAR-T細胞療法の展望と課題

第71回日本輸血・細胞治療学会総会(千葉)2023年5月12日


濱野京子、万木紀美子、菱田理恵、岩本美紀、西山有紀子、城友泰、新井康之、長尾美紀

輸血部門システムでの細胞製剤・HLA関連検査の総合的な管理運用

第71回日本輸血・細胞治療学会総会(千葉)2023年5月12日


城友泰、新井康之、吉原哲、武田航、池本純子、岩本啓太、米谷昇、藤原慎一郎、李政樹、加畑馨、長村登紀子、藤原実名美、田野崎隆二

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対するCAR-T細胞製造失敗のリスク因子の解析

第71回日本輸血・細胞治療学会総会(千葉)2023年5月12日


新井康之、城友泰、吉原哲、武田航、池本純子、岩本啓太、米谷昇、藤原慎一郎、李政樹、加畑馨、長村登紀子、藤原実名美、田野崎隆二

本邦におけるB細胞性急性リンパ芽球性白血病に対するtisagenlecleucel製造結果の現状報告

第71回日本輸血・細胞治療学会総会(千葉)2023年5月12日


丹羽紀実、松井恵子、中川陽子、松尾詩織、中村佳奈子、城友泰、新井康之、長尾美紀、滝田順子、髙折晃史

キムリアアフェレーシス産物調製100例超の経験と教育体制について

第71回日本輸血・細胞治療学会総会(千葉)2023年5月12日


岩本美紀、万木紀美子、濱野京子、菱田理恵、西山有紀子、城友泰、新井康之、長尾美紀

HLA抗体検出における非特異反応に関する検討

第71回日本輸血・細胞治療学会総会(千葉)2023年5月12日


新井康之

CAR T細胞療法の効果的な実施方法について~自施設での経験から~:CAR-Tのトリセツ~「細胞療法運用学」の観点から見たDos and Don’ts

第71回日本輸血・細胞治療学会学術集会(千葉)2023年5月11日


Yasuyuki Arai

The best management in cytotherapy -  transfusion, transplantation, CAR-T, and beyond

30th Scott Murphy Memorial Award Lectureship, Biomedical Excellence for Safer Transfusion (BEST) Collaborative LVX Meeting(東京)2023年3月28日


松井恵子、丹羽紀実、中川陽子、松尾詩織、城友泰、新井康之、長尾美紀、滝田順子、髙折晃史

新時代に向けた細胞培養加工施設の設計と運用~ヒト・モノ・キカイの動線~

第22回日本再生医療学会総会(京都)2023年3月25日


丹羽紀実、松井恵子、中川陽子、松尾詩織、中村佳奈子、城友泰、新井康之、長尾美紀、滝田順子、髙折晃史

キムリアアフェレーシス産物調製100例超の経験から

第22回日本再生医療学会総会(京都)2023年3月24日


岩本美紀、万木紀美子、濱野京子、菱田理恵、西山有紀子、城友泰、新井康之、長尾美紀

HLA抗体検出における非特異反応に関する検討

第21回日本組織適合性学会近畿地方会(大阪)2023年3月18日 


城友泰、新井康之、吉原哲、小島稔、池本純子、上村知恵、岩木啓太、米谷昇、藤原慎一郎、李政樹、加畑馨、長村登紀子、藤原実名美、田野﨑隆二

CAR-T細胞製造失敗のリスク因子の解析

第45回日本造血・免疫細胞療法学会総会(名古屋)2023年2月11日


新井康之

シンポジウム4「細胞治療 産官学連携」:アカデミア連携~日本輸血・細胞治療学会CAR-Tタスクフォースでの取り組み

第45回日本造血・免疫細胞療法学会総会(名古屋)2023年2月11日


城友泰、新井康之、北脇年雄、錦織桃子、水本智咲、諫田淳也、山下浩平、長尾美紀、髙折晃史

白血球アフェレーシス後の高カルシウム血症の解析

第45回日本造血・免疫細胞療法学会総会(名古屋)2023年2月10日


<2022年>

新井康之

CAR-T細胞療法の光と影~現場での期待と疲弊

第7回DIA再生医療製品・遺伝子治療用製品シンポジウム(東京)2022年12月16日


Tomoyasu Jo, Yasuyuki Arai, Satoshi Yoshihara, Minoru Kojima, Junko Ikemoto, Tomoe Uemura, Keita Iwaki, Noboru Yonetani, Shin-ichiro Fujiwara, Masaki Ri, Kaoru Kahata, Tokiko Nagamura-Inoue, Minami Yamada-Fujiwara, Ryuji Tanosaki

Thrombocytopenia and Low CD4/CD8 Ratio at Apheresis Along with Prior Bendamustine Use Increase Risk of CAR-T Cell Manufacturing Failure

64th ASH annual meeting and exposition(米国)2022年12月11日


Yasuyuki Arai, Yoshiko Atsuta, Ruta Brazauskas, Naya He, Shahrukh Hashmi, Leslie E. Lehmann, William A. Wood, Hemalatha G. Rangarajan, Shingo Yano, Shinichi Kako, Masamitsu Yanada, Yukiyasu Ozawa, Noriko Doki, Yoshinobu Kanda, Takahiro Fukuda, Yuta Katayama, Tatsuo Ichinohe, Junji Tanaka, Junya Kanda, Takanori Teshima, Shinichiro Okamoto, Wael Saber

International Collaborative Study to Compare the Prognosis for Acute Leukemia Patients Transplanted with Intensified Myeloablative Regimens

64th ASH annual meeting and exposition(米国)2022年12月10日


岩本美紀、万木紀美子、荒木亮佑、菱田理恵、濱野京子、西山有紀子、城友泰、新井康之、長尾美紀

新生児同種免疫性血小板減少症の1例

第66回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(和歌山)2022年11月19日


万木紀美子、濱野京子、菱田理恵、岩本美紀、西山有紀子、城友泰、新井康之、長尾美紀
オーソビジョンによるABO抗体価の自動測定に関する検討-輸血業務の効率化に向けて

第66回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(和歌山)2022年11月19日


新井康之

CAR-T細胞療法におけるリンパ球採取~戦いはアフェレシス前から~

第43回日本アフェレシス学会学術大会(金沢)2022年11月12日


新井康之

手がかかるが決して手放せない相棒~キムリアの特性を活かしたCAR-T細胞療法運用

第29回日本輸血・細胞治療学会秋季シンポジウム(東京)2022年10月29日


城友泰、新井康之、近藤忠一、原田介斗、大嶋慎一郎、内田直之、土岐典子、福田隆浩、田中正嗣、小澤幸泰、衛藤徹也、池亀和博、鬼塚真仁、一戸辰夫、熱田由子、柳田正光

Development of a transplant-specific prognostic scoring system for poor cytogenetic risk AML 

第84回日本血液学会学術集会(福岡)2022年10月16日


新井康之

CAR-T細胞療法に伴う凝固異常(教育講演)

第84回日本血液学会学術集会(福岡)2022年10月16日


万木紀美子

検査部輸血部門における臓器・造血幹細胞移植症例への対応

第24回宝ヶ池セミナー(Web)2022年10月15日


新井康之、城友泰、畑中一生、石井博之、小野明子、松山宣樹、森順平、高陽淑、井上広子、坂本瑠美、東史啓、木村貴文

Effects of donor-specific anti-HLA-DP/-DQ antibodies on engraftment in cord blood transplant

第84回日本血液学会学術集会(福岡)2022年10月14日


岩本美紀、万木紀美子、濱野京子、菱田理恵、西山有紀子、城友泰、新井康之、長尾美紀

HLA抗体検出における非特異反応に関する検討

第30回日本組織適合性学会大会(東京・Web)2022年9月18日


城友泰、新井康之、畑中一生、石井博之、小野明子、松山宣樹、森純平、高陽淑、東史啓、木村貴文

移植前のHLA-DP, -DQに対するドナー特異的抗HLA抗体は臍帯血移植後の血球回復を不良にする

第30回日本組織適合性学会大会(東京・Web)2022年9月18日 【組織適合性学会優秀賞】 


城友泰、岡田和也、小尾夏野、足立壯一、新井康之、諫田淳也、近藤忠一、髙折晃史、上田恭典、長尾美紀

同種末梢血幹細胞採取における収量予測モデルの開発

第70回日本輸血・細胞治療学会学術総会(名古屋・Web) 2022年5月29日


新井康之、吉原哲、城友泰、池本純子、小野本仁美、杉山寛貴、吉原享子、松井恵子、丹羽紀実、中川陽子、北脇年雄、諫田淳也、髙折晃史、長尾美紀

CAR-T細胞療法におけるT細胞採取最適化

第70回日本輸血・細胞治療学会学術総会(名古屋・Web) 2022年5月28日


濱野京子、万木紀美子、菱田理恵、岩本美紀、西山有紀子、城友泰、新井康之、長尾美紀

輸血部門の業務効率化に向けたオーソビジョンによるABO抗体価の自動測定に関する検討

第70回日本輸血・細胞治療学会学術総会(名古屋・Web) 2022年5月28日


<2021年>

小尾夏野、足立壯一、城友泰、新井康之、諫田淳也、近藤忠一、髙折晃史、長尾美紀、岡田和也、上田恭典

同種末梢血幹細胞採取における採取量予測の試み

第116回近畿血液学地方会(Web)2021年11月27日


秦明日香、足立壯一、城友泰、新井康之、諫田淳也、北脇年雄、近藤忠一、髙折晃史、長尾美紀、吉原哲

CAR-T 細胞療法におけるリンパ球アフェレーシス最適化の試み

第116回近畿血液学地方会(Web)2021年11月27日


万木紀美子

HLA抗体特異性同定試薬(Single Antigen Beads)の比較検討~HLA関連検査のシステム化を目指して~

第23回宝ヶ池セミナー(Web)2021年10月23日


Yasuyuki Arai, Haruka Umeyama, Shunsaku Nakagawa, Junya Kanda, Toshio Kitawaki, Tadakazu Kondo, Kouhei Yamashita, Akifumi Takaori-Kondo

Monitoring serum concentration of gilteritinib for the optimized treatment of FLT3-mutated AML

第83回日本血液学会学術集会(仙台・Web)2021年9月25日


城友泰、新井康之、近藤 忠一、水野昌平、平林茂樹、稲本賢弘、諫田淳也、土岐典子、福田隆浩,、小澤幸泰、片山雄太、神田善伸、鬼塚真仁、一戸辰夫、熱田由子、柳田正光

成人急性骨髄性白血病に対する非血縁者間末梢血幹細胞移植と非血縁者間骨髄移植の比較

第83回日本血液学会学術集会(仙台・Web)2021年9月23日


濱野京子、万木紀美子、秦浩一郎、菱田理恵、澁谷江里香、新井康之、上本伸二、平位秀世

リンパ球クロスマッチとHLA抗体検査結果の乖離症例における補体活性の検討

第29回日本組織適合性学会大会(Web)2021年9月4日


濱野京子、万木紀美子、菱田理恵、白水隆喜、中田勝也、岩本美紀、西山有紀子、城友泰、新井康之、長尾美紀

Single Antigen Beadsによる抗HLA抗体特異性同定検査の比較検討

第29回日本組織適合性学会大会(Web)2021年9月3日


Yasuyuki Arai

Development and application of machine learning in hematopoietic stem cell transplantation

The International Congress of BMT 2021 & 26th Annual Congress of KSBMT(Korea/Web)2021年8月26日

濱野京子、万木紀美子、秦浩一郎、菱田理恵、西山有紀子、城友泰、新井康之、長尾美紀

リンパ球クロスマッチとHLA抗体検査結果に乖離が見られた症例について

第69回日本輸血・細胞治療学会学術総会(東京・Web)2021年6月4日~6日


新井康之

CAR-T細胞療法におけるフローサイトメトリー検査が持つ重要性と運用最適化の試み

第69回日本輸血・細胞治療学会学術総会イブニングセミナー(東京・Web)2021年6月4日


濱野京子、万木紀美子、菱田理恵、岩本美紀、西山有紀子

HLA検査における補体活性検査を追加した一症例

第70回日本医学検査学会(Web)2021年5月15日


Tomoyasu Jo

Significance of LUBAC in B-cell Lymphoma:  Its Role in the Pathogenesis and Treatment.

The 12th JSH International Symposium 2021 Sponsored seminar(鎌倉・Web)2021年5月14日


濱野京子、万木紀美子、秦浩一郎、菱田理恵、城友泰、新井康之、長尾美紀

リンパ球クロスマッチとドナー特異的HLA抗体検査結果に乖離が見られた症例

第19回日本組織適合性学会近畿地方会(Web)2021年3月13日


新井康之

血液がん治療のリスクマネジメント

第43回日本造血細胞移植学会ランチョンセミナー(Web)2021年3月7日


新井康之、吉原哲、城友泰、池本純子、小野本仁美、杉山寛貴、 吉原享子、北脇年雄、諫田淳也、髙折晃史、長尾美紀
CD19 CAR-T細胞療法における白血球アフェレーシスの経験: 兵庫医科大学と京都大学の共同研究
第43回日本造血細胞移植学会総会(Web)2021年3月6日


<2020年>

濱野京子、万木紀美子、平位秀世、菱田理恵、城友泰、新井康之、長尾美紀

Spectra Optiaおよびボルベン注6%を用いた顆粒球採取の検討

第64回日本輸血細胞治療学会近畿支部総会(奈良)2020年11月21日 

 

岩本美紀、万木紀美子、菱田理恵、濱野京子、髙折晃史、城友泰、新井康之、長尾美紀

ABO不適合同種造血幹細胞移植症例の血液型検査結果の推移についての検討

第64回日本輸血細胞治療学会近畿支部総会(奈良)2020年11月21日

 

新井康之、平位秀世、北脇年雄、諫田淳也、錦織桃子、加藤格、平松英文、滝田順子、長尾美紀、髙折晃史

当院におけるCAR-T細胞療法の経験

第82回日本血液学会学術集会(京都・Web)2020年10月10日


松井恵子、丹羽紀実、中川陽子、新井康之、平位秀世、長尾美紀

「キムリア®」治験から製品化へ~院内細胞加工施設としての管理体制の改善~

第19回日本再生医療学会総会(Web)2020年5月


濱野京子、新井康之、万木紀美子、菱田理恵、澁谷江里香、高折晃史、平位秀世

ABO不適合同種造血幹細胞移植症例の血液型検査結果の推移についての検討

第68回日本輸血・細胞治療学会学術総会(誌上開催)2020年5月


万木紀美子、菱田理恵、濱野京子、澁谷江里香、新井康之、平位秀世

輸血部門における組織適合性検査の現状と課題について

第18回組織適合性学会近畿地方会(大阪)2020年3月14日